木材の壁でも綺麗にできる!外壁塗装の行い方

  • -

木材の壁でも綺麗にできる!外壁塗装の行い方

木材を使った外壁の状態について

住宅の多くはサイディングやモルタルなどを利用しているものを見ることができます。現在ではサイディングの住宅が増えている一方で、木材を使った外壁も一定の人気を持っていますね。木の温もりを感じることのできる住宅として利用されていることも多く、一般的に多い傾向にある施工方法としては、ペンキではなく木目を活かした方法で、ステイン剤などを用いている状態の場合が多いですよね。このタイプの住宅ならば、新しい時には綺麗な見た目を持っていますが、年数が経過してしまうと黒ずみなどが発生してしまうことがあり、不具合を解消させることが良いでしょう。

木材の下地を調整する方法

木製の外壁塗装を行う場面では、下地を上手に調整することが大切になります。その方法として利用されているものは、ヤスリがけになり、専門業者に依頼した場合では、電動工具のヤスリで一気に表面を削ることを行う場面を見ることができますね。簡易的に行う方法ではサンドペーパーを用いる方法や、濡らした状態で耐水ペーパーを用いる方法に分けることもできます。大切になる部分としては、下地の古い塗料をできるだけ剥離させることになり、綺麗な木材の状態に施すことが良い方法でしょう。

新しく塗る塗料について

木材の壁で構成された外壁塗装を行う場面では、新しく塗るための塗料を選択することになります。木目を活かす方法では、オイルステインなどがメインとして利用されていますが、イメージを変えることを目的にしたり、長期的に塗膜を守る方法として、一般的な外壁に使われている塗料でも利用できるものがあるでしょう。例えばアクリルやウレタン塗料であっても、木材に対応しているものも販売されていて、木目が無くなってしまいますが、耐用年数が長くなる傾向にあるために、しっかりと考えた上で塗料の選択を行うことがおすすめですよね。

外壁塗装なら鎌ヶ谷では、塗装の種類によって費用や塗装期間が異なるので事前に確認することが求められます。