注文住宅を選ぶメリットとデメリットって何?

  • -

注文住宅を選ぶメリットとデメリットって何?

注文住宅ってどんな住宅のこと?

注文住宅とはオーダーメイトで建てる住宅です。建売住宅と呼ばれる住宅の場合、すでに完成しているか、完成間近の住宅を購入する形となるため、そこから自分好みに手を加えるのは限界があります。一方、注文住宅の場合は更地に一から住宅を建てます。計画段階から関わることになるので、より自分好みの住宅を建てることができます。建設途中で現場を見に行くことができるため、建設過程を知ることができるというのも注文住宅の特徴です。

注文住宅のメリットは?

注文住宅の魅力は、なんと言っても自由度の高さです。間取りや外観、設備など、計画段階から関わることができるので、どんな部屋が欲しいのか、特にどんなところにこだわりたいのかなど、自分や家族の要望をより反映させることができます。また、将来を考えて設計してもらえば、何かあったときに増築や改築をしやすい家にすることもできます。こだわりすぎて予算を超過しないように気をつける必要はありますが、より理想に近い家が建てられます。

注文住宅のデメリットって?

注文住宅のデメリットは、入居までに時間がかかるということです。すでに完成している、あるいは完成直前である建売住宅は、購入後、入居までにそれほど時間がかかりません。ですが、注文住宅の場合、まず設計から始めなければいけません。実際に建築が始まるまでには時間がかかりますし、完成まではさらに時間がかかります。このため、どうしても早く新居へ移りたい、と考えている人々にとっては、あまり向いていないと言えるでしょう。

注文住宅は自分たちで間取りや設備、壁紙など色々と細かい所まで決めることができ思い通りの家づくりができます。